前へ
次へ

徹夜をしてまで勉強をするのは効率を下げてしまう

勉強は闇雲に長時間すれば良いものではなく、徹夜をしてまでやるものでもありません。
教育の在り方にもバランスが必要であり、特に徹夜の勉強をすることはプラスの効果は生まないです。
インプントをしても脳のメカニズムを知ると、しっかりと記憶にとどめるためには眠りが必要があります。
暗記を頭で完成させるためには、勉強をして覚えたうえで、記憶に必須の睡眠をとることで暗記は完璧になるためです。
工夫をしたノートは勉強に役立ちますが、だからといって色ペンを何色も使うのは効率的ではありません。
カラフルにカラーペンを使用してしまうと、ノートを開いたときに結局、どれが最も大切かがわからなくなるためです。
色ペンを使うなら最低限の1色程度にすること、記号の二重線や波線などの工夫をしたほうが、勉強の効率を高めることになります。
時間をかけてのノートの作り方ばかりに気を取られるよりも、パッと見てわかるシンプルな方が見て記憶をしやすいです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top